趣味と育児の日々

8割趣味、残りが育児(予定)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

JUNNA 1stシングル「Here」発売記念イベント

行ける分は行ってきた。

junnarockyou.com

初回はソフマップ。ここは抽選じゃ無く、CD購入時に抽選されているので気楽に参加。良番だったが、意外と前の番号に空きがあったので前方に座れた。全体で130名くらい。

 

f:id:emt0:20171106161311j:plain

ステージ全体にポスターやビジュアルが飾られている。デカいJUNNAはソフマップのご厚意らしい。

 

イベント注意点のナレーションをJUNNAがやった後にミニライブ開始。衣装はHereのPVと同じ赤いドレス。

セットリストは、

  1. Steppin’ Out
  2. JINXXX
  3. Here

の3曲。

Steppin’ Outの後JUNNAが好きな曲を聞いてきたので、みんながSteppin’ Outと答えると、

「Hereの発売記念なのに、みんな空気読み過ぎ!」

とご立腹。

 

2曲目のJINXXXは盛り上がれるから好きな曲との事。でも、あくまでアルバムの中からと強調。

2曲目終了後、夏のツアー来たかアンケート。ほぼ全員挙手。続いて今度のツアーどこに行くかアンケート。その際、仙台参加するファンが居るので、

「仙台遠くない?東京からどれくらい?」

と驚くJUNNA。

仙台まで新幹線で2時間とファンから聞くと、

「それくらい時間かかるなら寝れて良いよね。名古屋から京都・大阪だと近すぎて寝れない。東京から京都は余裕で寝れる」

「でも、以前に東京から名古屋で寝て起きたら京都で、もうイイや……ってなった」

 更にJUNNAを何で知ったかアンケート。マクロスΔからと聞いたら全員。魔法使いの嫁からと聞いたら0名。これには、

「さすがに空気読んで欲しいなw」

と無茶ぶり。

Here終了後、

「周りの友達にツアー薦めてください!頑張ります!」

と言ってミニライブ終了。その後、ハイタッチ会が開始。肩に赤いストールかけて登場。意外と長時間話せるハイタッチ会だった。

 

2時間後に、今度はゲーマーズ本店。こちらは席は抽選だが、箱に前方分から徐々にくじを追加していくシステムなので、早めに並べば自然と前方に行ける。15分前から並び、くじを引くと前方の席を見事に引けた。 

f:id:emt0:20171106161322j:plain

ソフマップと比べると簡素なステージ。

 

一度フライング気味で曲が流れ始めるハプニングもあったが、ミニライブ開始。衣装はソフマップと同じ。セットリストは、

  1. Steppin’ Out
  2. 大人は判ってくれない
  3. Here

の3曲。2曲目はJUNNAのアルバムからの自由枠らしい。

1曲目のSteppin’ Outは、

「ライブの最初の曲として浸透させたい。飛び出すと言う意味の曲なので、日常を忘れてライブを楽しむ為に」

という感じでライブの掴みにしていく模様。

2曲目の大人は判ってくれないは、

「アルバムで一番好き。Vai! Ya! Vai!も好きだけど、やっぱロックな人間だから」

との事。JINXXXちゃうの?

2曲目終了後に袖からスタッフがケーキ持って登場。みんなでハッピーバースデイ歌ってお祝いする中、ロウソクを吹き消すJUNNA。

「LINELIVEでも祝ってもらったけど嬉しい。誕生日にHereが主要配信サイトのデイリーチャートで10冠取ったりと、なんか色々感じる」

と嬉しそう。その後、ラゾーナ川崎のイベントの話に。前日リハーサル後に焼肉行った際に、

「みのりちゃんが20歳になったじゃん。これでワルキューレで未成年が私だけに。皆はなんかお酒の味見とかして楽しそうで、これまでお酒とか飲みたいとか思わなかったけど、急に飲んでみたい気持ちが半分くらいになった」

とか。更に、

「『華のセブンティーン』になったと周りに行っても、誰もそんな言葉知らないって言われる」

とか言うと、会場から「言うよ~」とフォローが。それを聞いて満足した模様。

「東山さんに、『永遠の17歳』とか言っちゃいな♪って言われた」

と言うと会場からは「17歳教か!」とツッコミが。あんな化物達の仲間になるのかw

散々脱線したが、タイトル曲のHereについて、

マクロスみたいな劇中で使われるわけじゃ無く、OPのみで使用される曲なので不安だった。原作を読んでどういう感じで歌えばいいか考えた。特に聴いてもらいたいのは終盤のアカペラ部分。一番気持ちを込めて歌った」

と思い入れを語ってくれた。

3曲終了後、同じくハイタッチをしてイベント終了。気のせいか消毒無かった。大丈夫か?ゲーマーズ

 

1日挟んで、アニメイト新宿。午前中開始の健康的なイベント。10時30分過ぎには既に行列が出来ていた。開店後も、店内階段に整列。こちらのクジは全て混ざった状態なので、早く来ようが前方に座れる訳では無い。運良く3列目に座れたのは奇跡か。席の間隔は3会場で最も狭いが。

f:id:emt0:20171106161333j:plain

ゲーマーズと同じ感じ。地下なので若干の閉塞感。

f:id:emt0:20171106161302j:plain

入口のプレート。階段にも同じ物が多数飾られていた。

 

若干、時間をおしてミニライブ開始。衣装は前2回と同じ。髪型は下ろしていた前2回と違い、編込んで纏めてきた。確かに秋葉原では、歌っている最中に何度も自分の髪の毛食べてたので気になったのだろう。

セットリストは、

  1. Steppin’ Out
  2. Catch Me
  3. Here

の3曲。ここでもSteppin’ Outはライブの1曲目の盛り上げ用と語る。次のツアーの1曲目なのは、ほぼ決定のようだ。

「前回のライブではギターを弾くミッションを課せられたから、きっと今回も悪い大人にミッション課せられるw だからみんなはSteppin’ Outで1曲目から最高まで盛り上がるミッション」

これは頑張るしかない。Catch Meについても一番みんなで盛り上がれる曲なので選曲したとの事。会場は立てないけど、座ったままタオル持ってきた人は掲げて手を振っていた。 

その後、HereのPVの話に。

「台風の次の日に撮った。休みが2日あって、どっちにするか直前まで予想してて、見事に予想が当たって良かった。ドレスのたなびきとかは自然の風でやってる。凄くない?」

「ギャグで『オーストラリアで撮ったんです』とかインタビューで言うと、みんな信じてくれる」

確かに、あれ静岡県には見えないw

Hereを歌う前には、

「実はめっちゃ眠い。昨日の夜『魔法使いの嫁』見てて、重い話だったから見終った後もしばらく天井をボ~っと見てて寝たのが夜中の2時過ぎだった」

「深い作品だし、今後も歌で作品の手助けをしていきたい」

と眠気と想いを語っていた。見た感じ眠くはなさそうだったな。自分はそんな時間まで起きれない。早起きは出来るけど。

ハイタッチ会の前には、

「今日のネイルはめっちゃお気に入りなので、是非見て欲しい」

と言っていたが、見るのをすっかり忘れてた。どんな柄だったのだろう?

 

3回とも大満足のリリースイベントでした。名古屋と大阪が今週末あるけど、どちらかでVai! Ya! Vai!歌うのかな?聞ける人が羨ましい。

次のライブは来年のGWだけど、それまでにワルキューレのライブもある。ただ、出来ればANIMAX以外のイベントが1回くらいあると嬉しいな。学生だから難しいかな?

 

Here

Here

 
【Amazon.co.jp限定】Here(CD)(複製サイン&コメント入りポストカード付)

【Amazon.co.jp限定】Here(CD)(複製サイン&コメント入りポストカード付)

 
Vai! Ya! Vai!

Vai! Ya! Vai!

 

HereもVai!Ya!Vaiもどちらもおススメなので、是非!