趣味と育児の日々

8割趣味、残りが育児(予定)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1を観てきた & VR ZONE SHINJUKU

eurekaseven.jp

日舞台挨拶に行ってきました。本当は初回が良かったけど、8時に新宿は辛い……

行ったのはバルト9。こんな事が無きゃ行かないシネコンだけど、午前中だったのでエレベーターも空いていた。内装も綺麗。いつも馬鹿みたいに並ぶグッズショップもレジ3台で対応していた。まぁ、パンフレットはエスカレーター前の臨時売店で売っていたので余裕でしたが。

 

f:id:emt0:20170921133200j:plain

ポストカード目当てでカフェで限定ドリンク。エウレカレントンらしい。アネモネもあった。

ポストカードと一緒にポスター貰えるキャンペーンの応募用紙を貰ったので投函。倍率高そうだな~

 

スクリーンは9。ここでは一番大きいスクリーン。下の階の作品の重低音が響いてくるのが若干マイナス。

f:id:emt0:20170921133622j:plain

会場の風景。パネルの前にゲストが立ちます。

 

舞台挨拶の内容はこんな感じ。

natalie.mu

2回目は上映前だったので、ネタバレは無い挨拶でしたが、正直鑑賞後の舞台挨拶の方が良かった。そう思える本編だったので。

 

舞台挨拶後、予告無しで本編開始。これはありがたい。

  • 冒頭15分くらいが完全新作の『サマー・オブ・ラヴ』を描いた映像
  • 挨拶で古谷さんが言ってた通りの開幕ゲロ。
  • 読ませる気の無い字幕ラッシュ。
  • 若いタルホが可愛い。徐々に劣化していくのか?
  • ΑΩ級0系統、ニルバーシュの原型機だけど、最後の方spec3っぽくなってた。
  • もちろんビームス夫妻も若い。レイの不妊が負傷によるものに変更。
  • コーラリアンやっぱ怖い。戦闘シーンは凄い。
  • アドロックの立案した作戦→スカブコーラルに音楽聴かせてセブンスウェル起こす。重低音のビートがヤバイ。
  • みんな大好きB303 デビル・フィッシュ。相変わらずのホーミングレーザー。
  • さわやかな笑顔のノヴァク兄弟。
  • デューイの機体はボロボロになったのに、何故か助かった時には仁王立ちになってた。なんでだろ?
  • というか、なんで『サマー・オブ・ラヴ』って名づけたアドロック!
  • そして本編はレントンのモノローグ祭り。
  • 存在の無い爺ちゃんと姉ちゃん。そしてビームス夫妻の養子設定のレントン
  • 白鳥号から降りるレントンから過去に行ったり戻ったりを繰り返す作り。途中で分かんなくなる。
  • TVアニメでは21話~26話の辺りを再編集した物。
  • エウレカ分少な目、ゲッコーステイトとかほぼ出番無い。
  • ray=out野生時代って雑誌名に。
  • いつ観てもゲッコーステイトレントン虐めは酷い。こいつら全員ストレスマッハか?そりゃ出ていくわ。
  • おかげでビームス夫妻が偉大に見える。道は違ったけど、レントンの成長には重要だった。実父の活躍が分からないだけに、義父母にして、よりビームス夫妻の影響を高められた気がする。映画鑑賞者は実父と義父母それぞれの想いを観れる感じ。
  • だからこそ、最後の新規レントンの凛々しさが映える。吹っ切れたな。
  • でもエウレカほぼ出番無い。スカブに飲み込まれた後の短髪verの頃だから、ゲッコーステイト並の塩対応時期だし。
  • そして次回予告。LFOでサッカー!アイドルなアネモネ!羽根生えたエウレカ!さっぱり分からん!でも楽しそう!

期待していたものとは正直違いましたが、新約・エウレカセブンとしては有りだと思います。アニメ本編を観てない人にはお勧めできないし、なんとなくアニメ知ってるって層にも厳しい。まぁ、元々のアニメだって不親切なアニメだったし、今のアニメが若干丁寧すぎるのかも。

とりあえず、作品を観ずに文句言うのはなんか違うので、出来れば料金の安い日にでも観てもらいたい。

 

f:id:emt0:20170921142303j:plain

上映後、カフェに舞台挨拶陣のサイン入りパネルが展示。

 

f:id:emt0:20170921142306j:plain

パチンコの頃にも見た気がするニルヴァーシュ

 

f:id:emt0:20170921142309j:plain

エウレカレントン

 

上映終了後、コラボキャンペーンをやっているVR ZONE SHINJUKUに。

vrzone-pic.com

4400円のチケットがお得らしいが、カフェで食事するだけなので800円の入場料のみ。

 

f:id:emt0:20170921143230j:plain

f:id:emt0:20170921143234j:plain

f:id:emt0:20170921143237j:plain

こんな感じで1Fの吹き抜けに特別映像と音楽が流れています。ネタバレとかは無いです。プロジェクションマッピングで結構派手です。

 

vrzone-pic.com

f:id:emt0:20170921143752j:plain

 

コラボパフェ。1700円だけどボリューム多めで、もはやこぼれるくらい。そして甘い。コラボ系はケチると思ってたので良い意味で裏切られた。

 

f:id:emt0:20170921143757j:plain

f:id:emt0:20170921143759j:plain

f:id:emt0:20170921143804j:plain

f:id:emt0:20170921143807j:plain

レコード盤コースター。デザインも良くて結構好き。

 

VR ZONE SHINJUKUですが、メインのVRはすべて2階に有り、どこも大行列でとても体験する気にはなりませんでした。(1000円で買えるファストチケットがあるそうですが)なので、パフェ食べたカフェでまったりする事に。

このカフェにはテントやらカップル席や映像が投影されるテーブルとかありますが、一番のお勧めは海のゾーン。室内なのに砂浜があり、壁には海の映像が投影され、砂浜には打ち寄せる波の映像が投影されています。なんかヒーリング映像の気分。席数は2つと少な目ですが、運よく座れたらリラックス出来ます。ただ、隣のアトラクションで風船がバンバン割れてうるさいのが難点です。

 

パフェでまったりして、取り過ぎた糖分をどうにか消化したので、折角だしなんか体験しようと思い、カフェ隣接のボルダリングをやってみる事に。

vrzone-pic.com

価格は1000円。靴下付。ジムとかより高いだろうけど、場所的には安いのかな?一応VRのチケットと引き換えでも体験できるらしい。

 

f:id:emt0:20170921145527j:plain

こんな感じで表面に映像が投影されています。登っている時は岩肌とか水とかが投影される。

 

ハーネスとヘルメット、シューズに着替えて説明受けたら開始。体験時間は15分くらい?1回に体験できるのは5名。レベルが1~4まであり、それぞれ使用する石を光って教えてくれる。頂上のボタンを押すとレベルクリアで次のレベルへ。4をクリアすると1に戻る。

感想はとにかく疲れる。上腕と太ももの裏がパンパンになってヤバイ。

具体的には、レベル3までの岩は指をひっかける場所があるので余裕で登れるますが、レベル4の石は指をひっかけられず掴むのみ。おかげで握力でしか支えられません。どうにか登れましたが、疲れ切ってその後はレベル1でもヒィヒィ言う始末。体力の無さを実感しました。

 

 

VR ZONE SHINJUKU自体は800円で入るには高いですが、中の施設はVRを体験しなくても楽しいので、カフェで食事がてら休憩するのも良いかもしれません。機会があれば、今度はVRを体験してみたいです。

 

 

4クールですが、面白い作品です。

 

これも賛否ある映画でした。

 

それ以上の問題児w